健康で美しい髪を手に入れよう!最新ヘアケアアドバイス

正しいシャンプーの仕方2

予洗いで髪をたっぷりとぬらした後は、シャンプーで頭を洗う行程に入ります。

 

シャンプーを手のひらにとったら、まずは手のひらで泡を立てます。泡の立て方は、手のひらにくぼみを作りその中で小さな円を描くように片方の手を動かします。するとすぐに豊かな泡が立ち始めます。おそらくシャンプーを手にとったらそのまま頭につけている人がほとんどだと思いますが、その場合しっかり泡立たない状態で頭皮に残ってしまう可能性があります。頭皮に残留物を残さないようにするためにも、手のひらで泡立てるという行程を外さないようにしましょう。

 

泡立てた泡は頭皮に乗せます。頭皮を指の腹で優しくマッサージしていきます。決して爪を立ててゴシゴシと洗わないようにしましょう。シャンプーの基本は頭皮の汚れと余分な皮脂を取り除くことだと考えて、頭皮マッサージに一番時間をかけてください。

 

髪は泡で優しく洗っていきます。特にゴシゴシする必要はありません。キューティクルを傷める可能性があるので、髪はこすり合わせないように注意しましょう。