気持ちを込めたヘアケア

気持ちを込めたヘアケア

「ヘアケアを楽しめたらいいな〜!」と思いながら毎日鏡の前でヘアケアをしています。ヘアケアをすると髪の毛が変わっていくのでそれが嬉しいですし、だから続けられるのです。ヘアケアにはお金がかかりますが、お金をかけた分だけ髪の毛が変わるような気がします。

 

ヘアケアの方法なんてみんなそれぞれバラバラでいいと思います。たとえば、身体の中から髪の毛を育てるように気を使ってもいいですし、髪の毛の表面上だけトリートメントを付けて髪を保護するのも良いことです。どんな方法でもそれぞれが好きなこと、やってみたいとことならいいのです。

 

わたしはヘアケアをめんどくさくならないように、「楽しめるように」という気持ちを忘れないようにしています。何をするかということよりも、「どんな気持ちでヘアケアをするのか」ということの方が大事だと思っているからです。何事も気持ちが大事ですよね。気持ちがこもっていないことをいくら続けても髪の毛は応えてくれないと思います。

 

「気持ちを込めたヘアケアにかなうものはどこにもないんだ!」とわたしは思います。