健康で美しい髪を手に入れよう!最新ヘアケアアドバイス

髪は紫外線のダメージを受ける?

一昔前には、こんがりキツネ色に焼けた肌が健康美の象徴とされている時期がありました。しかし今は美白に注目が集まっています。白い肌が美しく見えるという観点からもそうですが、紫外線が肌に与える影響の恐ろしさについて多くの人が認識を持ち始めたことが大きなきっかけになっていると思います。

 

紫外線は肌にあたるとメラニン色素が増え肌の色を黒くするばかりではなく、肌を乾燥させシミやシワを増やすとされています。百害あって一理なしの日焼け。

 

そんな紫外線、実は髪にも大きなダメージを与えるとされています。日焼けするというのは一種の「やけど」。熱に弱い髪内部のたんぱく質が変形し固まることによって、てざわりもゴワゴワし、ダメージを受けた部分から髪内部の成分が流出してしまう恐れがあります。カラーをしている髪は変色する可能性もあります。

 

ですから肌と同様、髪もあまり紫外線にあてないように心がけていただきたいのです。

髪にも日焼け対策を施しましょう

紫外線の強い時期、多くの方が肌に日焼け対策をして出かけられることでしょう。日焼け止めクリームを塗ったり、帽子をかぶったり、日傘をさしたり。

 

同じ気遣いを髪にもしてあげてほしいのです。帽子をかぶったり、日傘をさすことは髪にとっても適切な日焼け対策と言えます。帽子に関してですが、黒の帽子は熱を吸収する力があります。そうすると帽子の中に熱がこもり、蒸れてしまう可能性がありますので、なるべくなら薄い色の帽子をかぶるようにしましょう。帽子や日傘がさせないときは、髪を1つに結び、紫外線の当たる面積を少なくするというのも効果的な方法です。

 

髪に直接コーティングをすることによって紫外線を防ぐこともできます。洗い流さないタイプのトリートメントがおすすめです。油分が髪を紫外線から守ってくれます。最近ではUVカット成分を配合したスタイリング剤や、髪専用の日焼け止めスプレーなどもたくさん販売されています。これらを最大限に活用しましょう。

 

川越の美容院なら

正しいスタイリング剤の選び方 hair-care

ドラッグストアへ行くと、スタイリング剤のコーナーというのが必ずあります。一言でスタイリング剤と言ってもその種類の多さには驚くものがあります。プレスタイリング剤から始まりフォーム、ミスト、スプレー、ワックス、ジェルなどなど。自分の髪型には何が一番適しているのかわからなくなってしまいます。

 

たくさんある種類の中から、あなたが作りたいスタイリングにぴったりあうスタイリング剤をどのように選べばいいのか、その方法についてお教えしましょう。

 

まずは、サロンで施術をしてもらった後に、スタイリストから適したスタイリング剤を聞き出します。このスタイリングをするためにはどのようなスタイリング剤が必要なのかスタイリストが教えてくれるでしょう。それを忘れないでドラッグサロンへGO! このとき、サロンで使われているサロン専売のスタイリング剤を購入するとういうのも1つの方法です。

 

家に同じようなスタイリング剤がない場合は新しく購入しなければいけません。

 

ヘアケアにはアミノ酸が大切なこと

髪はアミノ酸やコラーゲンで出来ていて、シャンプーやリンスもアミノ酸にこだわったものを選ぶといいです。
最近はいいのがたくさん出ています。

 

ヘアカラーを使っている人は、髪に多かれ少なかれダメージを与えていますから、ヘアケアにはそういったものが含まれているものを使いたいですね。
あとヘアに直接ではないけどサプリメントでコラーゲンを摂取する事や、お酒などでアミノ酸をとることもヘアケアにつながります。
タンパク質が小さくなったものがアミノ酸です。

 

タンパク質をたっぷりとることによって、髪はコシのあるツヤツヤな髪になります。
ふっくらと仕上がるのもそういった成分を補うことで、元のふっくら感が蘇る、ということなんです。
そうしなければ、ベチャッとした元気のない髪になります。
ヘアケアはヘアカラーを変えたりするだけでもだいぶん変わります。
自分に合ったやり方を早く見つけること!

 

ヘアマニキュアの方が髪へのダメージも少ないし、そちらにした方がきれいな髪に見える人も多いです。
資生堂から新しく発売された「プリオール」はとてもいいです。
一週間は毎日使ってみて決めるといいです。ツヤツヤで、ふんわり!!昔の手触りのいい優しい髪に戻ります。